「自分にはファッションセンスがないな…」と思ったら、イメージマップを作ってみよう


お気に入りの写真を切り抜いて貼るだけなので簡単です

ファッションセンスを磨くには、手作りのイメージマップを作成することが推奨されます。ファッション誌を見てお気に入りのアイテムがあったら、それを切り抜いて大きめの模造紙などに貼りつけていくのです。ファッション誌を読まない人は、ファッションサイトにある画像をプリントアウトして貼りつけても構いません。だいたい20枚くらいの切り抜きを揃えればいいでしょう。そうすることで、自分が憧れているファッションのイメージが明確になっていくのです。アナログな印象を受けたかもしれませんが、実はこの手作りのイメージマップは多くののデザイナーがファッションショーの着想を得るために採用しているメソッドなんですよ。

イメージマップを写真に撮ってショップで眺めよう

イメージマップを作成する際の注意点があります。それは直感で写真を選ぶことです。「このトップスは、これまで着たことがない色だな」や「このボトムスは自分の年齢に合ってないな」などといったことはあまり深く考えずに、気に入ったアイテムをどんどん貼りつけていきましょう。あまりにも熟考し過ぎると、選ぶファッションにどうしても偏りが出てしまうのです。ただしお気に入りのアイテムを身につけているモデルさんの身長は考慮するようにしてください。身長に差があり過ぎると、同じアイテムを購入したときに丈感の部分でギャップが生じるからです。

イメージマップが完成したらスマホの写真に残しておいて、アパレルショップではその写真を眺めながらアイテム選びをしてみましょう。自分の憧れを俯瞰で見ることができるので、店員さんのセールストークや友達の意見に惑わされずにセンスのいいファッションアイテムを購入することができますよ。

ニコチンリキッドは、法的な規制のために日本での流通はほとんどありませんが、嗜好品として海外の電子タバコの利用者の間で親しまれています。

You may also like...