内祝いにも便利に使える!カタログギフト!


内祝いの基本は半額返し

お祝いをいただいた方への内祝いをいくら位にするか悩む事はありませんか?お祝いにいただいた金額が違えば、皆さんに同じものを贈るのは少しおかしいでしょう。いただいた金額の半額ほどをお返しするのがマナーと言われていますが、特に高額なお祝いをいただいた方へは半額にこだわる必要はありません。お返しはちゃんとしますが、お祝いをいただいたことへの感謝の気持を伝えることが大切ですので、手紙や直接手渡しなど、心が伝わる方法で贈りましょう。

品物を選んで贈る場合もありますが、すべての人に気に入って頂ける商品を選ぶのはなかなか大変です。そんな時に利用したいのがカタログギフトです。様々な商品が掲載されていて、もらった側が選ぶ形態ですが、あまりに品数が少ないカタログですと気に入ったものがない可能性もあります。贈る相手ごとに値段を変えらることがメリットですので、高額なお祝いをいただいた方へは少し奮発して選ぶといいでしょう。

カタログの値段には注意

特定の商品に特化したカタログギフトもあります。食品だけや、インテリアだけなど、相手の年齢や家族構成に合わせてチョイスできます。どのカタログにするか選ぶ時に注意したことは、ギフトショップの利益や送料など、システム料金がかかる関係で、実際に売られている値段よりも割高になっていることです。5000円のカタログを選んだとしても、掲載されている品物は4000円位のものになるわけです。注文と受け取りの手間をかけさせることも気が引けるかもしれません。

内祝いは、子供が生まれた時や結婚が決まった時の習慣として重要なものとなっており、品物を贈る人が多くいます。

You may also like...