レディースの腕時計を上手にファッションに取り入れる方法とは?


レディースの腕時計の正しいつけ方ってあるの?

以前の日本には、女性は文字盤を内側にして腕時計をつけるという習慣がありました。まだ着物を着ていた時代に着物の脇の部分から下着が見えるのを防ぐために始まり、それが残ったものだといわれています。文字盤を外側にするのも海外の習慣から来ているに過ぎないので、文字盤は外側でも内側でも問題ありません。内向きに腕時計を付けると、時間を見るとき肘を張らないため女性らしさを演出できます。金属ベルトなら、ブレスレットのように見える効果もあります。半袖やノースリーブのときに試してみましょう。付ける位置についても特に決まりはありません。手首にある出っ張った骨よりも、手首側か腕側かで2つに大きく分けられます。手首側なら金属ベルトなどでゆったりと、腕側なら皮ベルトなどを腕に合わせてしっかりとつけるのが定番です。

レディースの腕時計のお洒落なつけ方とは?

レディースの腕時計は時計そのものがお洒落なデザインになっていますが、さらに洗練する方法があります。長袖を着ているときは、せっかくの腕時計が隠れがちです。袖口を折って時計が見えるようにするのも1つの方法ですが、ニットのときは服の上からつけるとお洒落度がワンランクアップします。アクセサリーとの重ねづけは、腕時計の色と同系色のものを選ぶと失敗がありません。腕時計のベルトよりも少し細いぐらいのものを選び、全体的なアクセサリーの量が多くなり過ぎないようにしましょう。腕時計はベルトの素材や太さなどによって印象が変わるので、ベルトを交換してバリエーションを楽しむのもよいでしょう。腕時計が1つしかなくても、つけ方次第でお洒落の幅が広がります。

カルティエの時計の特徴は、ジュエリーブランドとしてのデザイン性の高さと時計としての確かな機能性があげられます。セレブにも愛用されていて、ステータスの高さにもなっています。

You may also like...