壁面緑化のメリットは?検討時に注意すべき点とは?


壁面緑化は環境面でのメリットが大きい

壁面緑化は名前のとおり壁を利用して植物を育てることです。今まで利用していなかったスペースを有効活用できるので注目されています。壁面は環境に影響を受けやすく、夏場には高温になり、冬場は冷気で冷やされます。室内にも同じように熱影響をうけるのでエアコンなどによる室温のコントロールが必要となります。壁面に植物を植えることで、そのような気候の影響を少なくして、室温の変化を少なくすることができるので光熱費を抑える効果があります。

外壁は直射日光を受けて高温になった表面から外側に熱を放射します。それがヒートアイランド現象の一因となっています。壁面緑化をすることで外壁に直射日光が当たることがなくなるので周辺の温度も下げることが可能です。植物は二酸化炭素を吸収して酸素を生成する光合成が行われるので、環境改善にも役に立ちます。

壁面緑化を検討する時には知っておきたいことは?

環境に大きなメリットがある壁面緑化ですが、実現するのは思っているほど簡単ではありません。適切な工法で作られないと短期間で枯れてしまう恐れがあります。とくに給水や肥料などがしやすい構造にしないと植物が育ちません。プランターを壁面に並べるような構造だと、手が届かないことで十分なケアができないことが懸念されます。

少ない土壌で広範囲に広がるツルが伸びる種類を選ぶと、ケアしやすくなり便利です。きゅうりやゴーヤなどの実がなるものを選ぶ方もいますが、できたものをしっかり収穫しないと残ったものが腐敗してしまう恐れがあるので注意が必要です。このように壁面緑化は作ることだけを考えるのでなく、維持管理することを想定して検討しなければいけません。

壁面緑化にはつる植物が用いられることが多く、中でもキヅタ属の植物が多用されます。ラテン語でヘデラと呼ばれることもあります。

You may also like...