知っておこう!カタログギフトのメリットとデメリット


欲しいギフトを選んでもらえる

カタログギフトのメリットの一つが、ギフトを受け取る側が好きなものを選べるということです。人の好みはさまざまであり、同じギフトでももらって嬉しい人もいれば、それほど嬉しくないという人もいるでしょう。カタログギフトであれば日用品や食品、旅行などさまざまな選択肢から受け取り側が選ぶことができるので、必要ないものが届けられるという心配はありません。また、さまざまなギフトの中から選ぶのも楽しみの一つになります。

ギフトを贈る側の負担も減る

内祝いを選ぶ際には、一人一人の好みを調べて、その人に喜んでもらえるギフトを選びたいと思うことでしょう。しかし、一人一人の好みを調べるのはなかなか大変で時間もかかります。カタログギフトであれば受け取り側が欲しいギフトを選ぶため、そういった苦労はしなくて済むのです。また、お祝いでいただく金額は人によってさまざまですが、内祝いを贈る際にはそれぞれの金額に応じてギフトを選ぶ必要があります。金額に応じてギフトを選ぶのは大変ですが、カタログギフトではいくつかの価格帯が用意されているため、いただいたお祝いに応じて価格帯を選ぶだけで済みます。

受け取り側の負担になることも

カタログギフトにもデメリットはあり、その一つが受け取り側が自ら注文する必要があることです。そのため、注文するのが面倒で気づいたらギフトの有効期限が切れていたということもあります。特に年配の方の中にはカタログギフトのシステムが複雑に感じる方もいるので、相手に応じてカタログギフトを選ぶといいかもしれません。

システム料で割高になる

カタログに載っている商品の金額には、システム料が上乗せされています。そのため、カタログに掲載されている金額は実際の商品の金額よりも高くなるのです。

結婚や出産、新築などでお祝いを頂いた際には、内祝いという形でお返しを贈るのが一般的です。予算は頂いた物の半額が目安で、時期としてはお祝いを頂いてからおよそ一か月以内とされています。

You may also like...