環境改善の裏で建物が傷むリスクも!屋上緑化の詳細を学ぼう!


街中に緑をもたらす意味と環境への影響

市街地にあるビルの屋上に樹木や芝生を植える屋上緑化が普及しています。特にビル群が密集している地域は積極的に行われる傾向がありますが、これは地域の環境改善が主な目的です。都市部は冷暖房設備や車両から排出される二酸化炭素が温室効果をもたらし、狭い範囲で急激に気温が上がるヒートアイランド現象に見舞われることがあります。二酸化炭素を吸収する植物をビルの屋上に置くのは温室効果を軽減させ、気温の上昇を防ぐ効果を得るためです。また、植物の葉や枝で日光を遮り、建物に熱が籠るのを防ぐ効果が得られるのも屋上緑化がもたらす恩恵の一つです。一部が二階建てになっている平屋の屋上部分で行うガーデニングも屋上緑化の一種です。

屋上緑化は安全性の確保が重要

気温の急激な上昇を防ぐ効果がある屋上緑化は地域の環境改善に役立ちますが、その一方で建物への負担が大きい問題もあります。樹木や大量の土、水などの重みが生じるので安全性を確保するには補強が不可欠です。建物の築年数やデザインなど、条件によっては屋上緑化が出来ないこともあるので実施の際は事前の確認が必要になります。また、樹木の根や枝が伸びることで建物が損壊する危険があることも併せて注意します。伸びた枝が配線や配管を傷つけて重大な事故を引き起こす可能性もあることから、こまめに剪定を行うなど安全管理には細心の注意を払うことが大切です。屋上緑化を行う際は長期的な管理が必要になることを踏まえて慎重に判断する必要があります。

屋上緑化とは、屋上に植物を植えて緑化することを言います。緑化することによって省エネ効果を得られたり、ヒートアイランド現象の緩和、建物の保護効果などを得ることができます。

You may also like...